Trelloに記憶をアウトソースしていつもクリアな思考で過ごす

カテゴリー: プロダクティビティ

Trello、使ってますか?
Aboutでも紹介してるんですが、自分流の活用法紹介しておこうかなと思って書いてます。

TrelloはGTDメソッドを実際に行うのに最適なツールとおもってます。

GTDって何?

何かアイデアがわいてきた時、やらなきゃいけない事がある時など、
こういうちょっとしたことが頭に引っかかっているまま何もしないでいると、やっぱプロダクティビティ落ちますよね。

パソコンでいうといろんなアプリケーション開きっぱなしにしまくってるせいでメモリ限界で動き遅くなっちゃってる感じです。

そういった時にはとにかく紙でもデジタルでもいいから全部吐き出すところを持っておいて、
あとでまとめて整理にかかることでプロダクティビティ上げよう、というのがGTD(Getting Things Done)というメソッド。(ザックリ)

じゃーTrelloは?

Trelloは簡単にいうとメモを残しておける無料Webアプリで、スマホのアプリも出しています。

Trelloではまず1つのプロジェクトの中に複数のボードをつくります。
ボードはカードを入れておけるコンテナみたいなものです。

それからカードを書いていずれかのボードにぶちこみます。
書いたカードをポストイットみたいにボード間を移動させたり要らなくなったら削除できるようになっています。

まーさわってみたら操作自体は感覚的にすぐ分かると思います。(超ザックリ)

Trelloを活用してGTD

で、伝えたかったのが利用法ですが、僕はGTDというプロジェクトをつくって、そこに

  • Inbox
  • Next Action
  • Project
  • Waiting For
  • Done
  • One Day Maybe
  • Learned

というボードをつくっています。

どんな些細なことでもとりあえず思いつきはInboxに入れておきます。

開業届だそう、Javascriptのコース申し込もう、晩飯にアスパラ使おう、キリマンジャロ登りてえ、あー毎日アダプタ持ち歩かないとMac充電できなくて困った etc etc.

そして最低1日1回、Trelloを開いて整理していきます。

2分以内にできることはその場でやっちゃう。
2分以上でスグにできることは「Next Action」ボードに。
ちょっと時間かかることは「Project」に。
誰かのアクションを待つ時は「Waiting For」に。
すぐには重要じゃないけど将来的にもしかしたらあるから忘れたくないことは 「One Day Maybe」に。
学んだ事は「Learned」に。

そして整理のときにもう必要じゃなければ消しちゃうし、
完了したカードは「Done」に移していき、溜まってきたら中身を一括削除。

これをやり始めてから頭の中がいつもクリアで、やらなきゃいけないこと、調べることなども一つにまとまっているからいざ行動に移すのも楽です。

思考も生活もスッキリするのでぜひやってみてください!

P.s. もともとはLearnedボードはなかったんですが鬼速PDCAに感化されて追加しました。あと最近はService Ideaとか、Blogっていうボードもあって新しいボードも結構重宝してます。
増え過ぎたら意味ないですが…
ほかにもいい使い方あったらぜひ教えてください:)

カテゴリー: プロダクティビティ