超早期引退を目指すFIREという生き方

2018-11-28
カテゴリー: 生活の豊かさ

20代、30代でリタイアする「FIREムーブメント」が流行ってる

GIZMODEが’FIRE’という経済的に独立して30歳とかで超早く引退する生き方に焦点をあてた記事を書いていてかなり刺激になりました。

Mr. Money MustacheDo You Even BlogというPodcastを聴いて知っていましたが、Mustachean呼ばれるフォロワー層の人たちがいるとまでは知らなかったです。笑

  • 超早期退職という生き方 すごい共感する、けどそれすらも待たなくていいかも?
  • 結局「自分で決める」ことが幸せにつながるんじゃないか

について書いてみました。

超早期退職という生き方 すく共感する、けどそれすらも待たなくていいかも?

FIRE(Financial Independence, Retire Early:経済的に独立して早期退職)は個人的に共感するところ。

他人に押し付けられた「OO歳まで働く」という”常識”を飲むんではなく、
自分にとって幸せな生活(まずそれを定義する必要アリ)を送るのに十分な額を決めて、それを達成したらもう働く必要ないじゃんと。

ただ、利回りだけで生活できる7000万円とか貯まるまで待たなくても、
ティムの本で勧めてるみたいにミニ退職を繰り返すのを織り交ぜてもいいと思う。

それまで仕事仕事で一面的な生活していたらいざ退職できても何するの?と路頭に迷いそうだし、
やっぱその過程でも人間味豊かにくらしていきたい。
「これを達成したら幸せになる」みたいなマインドセットは自分とはちょっと違うかなーという感じです。

繰り返しのミニ退職xリモートワークでまずは時間的場所的に独立してライフスタイルを確立。
プラスFIREの考え方で倹約・資産運用を通してゆくゆくは経済的にも独立していく。
これができたら今を犠牲にせずとも理想の生活を実現できそう。

結局「自分で決める」ことが幸せにつながるんじゃないか

ライフスタイルデザイン、FIRE、ミニマリズム。
全部結局、「自分で決める」というところに行き着く気がする。

自分はどんな人生が幸せかを描いて定年まで待たず今スグそれを実行する。
自分にとって十分な資産を決めて退職の水準を決める。
自分が価値あると思うものに時間とエネルギーを費やす。

OO大学に入ると
大手に就職すると
年収1000万円超えると
この時計を買ったら
OO人のフォロワーができると

幸せになる。

みたいな画一的な基準のおかしさはもうバレちゃって
洗脳が効かなくなっている流れはうれしいけど、

洗脳解けた先にみんな、自分を知って自分の基準を決められないとキツイんじゃないかな。

自己への深い理解…

つまりみんな瞑想しよう。笑

や、ほんとに。

ライフスタイルデザインについてもっと読む

瞑想・マインドフルネスについてもっと読む

カテゴリー: 生活の豊かさ