ある日賢い人がこう言ってたよ、「欲しいものはなんでも頼め」って。

2019-06-24
カテゴリー: 心の豊かさ
  • 好きな事へ使うお金を10倍してみる/気にもかけないことへは1円も出さない
  • 欲しいものはなんでも頼め

といったことについて。

好きな事へ使うお金を10倍してみる/気にもかけないことへは1円も出さない

これは実際にやってもいいし、思考エクササイズとしても。

定期的に人生の棚卸しをしている人にとっては当然かもしれないけど、
自分の人生に幸せをもたらしてくれたものが何かを割り出して、それをなるべく増やすことは幸せな人生を歩むためには必要ですよね。

自分のマネー・ダイアルを作って、
自分が欲しいもの、価値があると思うものには大胆に、今の10倍お金を使ってみる。
旅行が好きだとしたら、今より10倍そこにお金使ったら一体どうなるだろう?
どれだけ自分の幸せに影響があるだろうか。

そしてそれほど自分に違いを生まないと思う支出を思い切りカットする。
そんなに好きでもないおやつを買ったりどうでもいい飲み会などは完全に切ってしまう。
どれだけ負のエネルギーを減らして好きなことに打ち込めるスペースを作れるだろう?
どれだけ自分の幸せに影響があるだろうか。

もちろん、今お金ないし10倍高いレストランで食べるなんて無理だよ、と思うかもしれない。
けどただ想像するだけでも意味がある。自分の人生にどんな可能性があるか。

質問を投げかけるまで答えは得られない。
重要なのはなにを質問するか。

なんで今お金ないんだろう、と投げかけても惨めになる答えが返ってくるだけ。

気にもかけないことを排除して、
今の10倍、好きな事にフルスイングで没頭できて、
幸せをより実感できるためのスペースを得るためには何をすればいいだろう?

欲しいものはなんでも頼め

You don’t get what you deserve, you get what you negotiate.
あなたにふさわしいものが与えられるわけじゃない、あなたが交渉したものが与えられる。
-TIm Ferriss

Ask, and you shall be given.
求めよ、さらば与えられん。
-イエス・キリスト

別にあなたに週3仕事して月に50万円稼ぐ力があるとしても、自動的に誰かが気を利かせてそのように取り計らってくれるわけじゃない。
別に今の仕事が全部リモートでできる内容だとしても、ボスから急に明日からオフィスに閉じこもってなくていいよって言いに来てくれるわけじゃない(ほとんどの場合)。

あなたが欲しいものを得ていない理由の多くは「別に頼んでもいないから」にすぎない。

そりゃあもちろん、社会は僕らに自分の欲を抑えて、なるべく脳力をシャットダウンして、上官の命令にだけ従う兵隊(先生の指示にだけ従う生徒、上司の指示にだけ従う社員)になるために学校で洗脳期間を設けてきたから、何かを頼むというのはトレーニングを積んでないと難しいはず。

筋トレと同じで、これは少しずつ反発と戦って良いストレスを与えながら力をつけていかなくちゃならない。

次回なにか欲しいと感じたときに、普段なら引き下がるところをあえて重力に逆らって一歩進んでみよう。

久々に使う筋肉だから感覚が鈍っているかもしれない。
そういう場合には以下のどれかから始めてみては。

Level1
前澤ゲームみたいに「これ欲しい人この指とまれー」みたいな企画に参加する

Level2
写真をとってもらう、道を教えてもらう、席を変わってもらう、など知らない人に簡単なものを頼む

Level3
商品を値切る、厨房内を見せて欲しいというなど、知らない人に面倒なことを頼む

Level4
魅力的な異性に声をかけて連絡先を教えてもらう

これで十分に筋力をつけたら、あとは実際の人生に適用していくだけ。
昇給を頼んだり、リモートワークを交渉したり、勤務日を減らしたり、デートに誘ったり、、Sky is your limitです。

ライフスタイルデザイン についてもっと読む

関連してそうな記事
人生を後回しにするのを辞めて、今を生きる

やらないことリスト:1日の活動時間が倍に増える4つの項目

お金の話はしたくない?

カテゴリー: 心の豊かさ